【奥飛騨・平湯温泉の旅館】貸切露天が充実♪『山がの湯』



12月半ばの土日はJR東海ツアー↓

【お得なツアー】「新幹線+宿」だけじゃない!JR東海ツアーズはやっぱりお得!

2018.12.19
で奥飛騨旅行。
新穂高ロープウェー↓

【新穂高ロープウェー】攻略失敗!絶景を逃した反省点。。

2018.12.24
の後、平湯温泉の旅館へ。
JR東海ツアーでは選択した地域ごと、数個の宿泊候補宿の中から
好みのお宿を選択できます。

JR東海ツアーは元々一定グレード以上の宿しかツアー内に設定がないので、
一番最安値の宿を選んでもそれなりに綺麗でちゃんとした宿なので安心。
各宿の基本情報は選択画面内に掲載されていますが、
私は気になった宿は別タブでHPや他サイトの口コミを見てみて、
良さそうだったら最終的に選択する、というように選んでいます。

『山がの湯』は
①価格が高すぎずちょうどいい
②和室の部屋がリニューアルオープン(2018.6月)したばかりらしい
③家族風呂(貸切露天)があるらしい
④大浴場の露天風呂も広々していて良さそう

といった点に惹かれて選びました。
特に③は、オムツっ子の娘がいる我が家には嬉しい。

施設について

ロビーなど

外観は冒頭のとおり。
ロビーは広々、小さな中庭に面しています。

旅館のロビー。写真暗いけど、実際は広々してます。

新しくはないですが、全体的に問題なく綺麗です。

宿泊棟からお風呂棟への途中には、
アトムと鉄人28号がいる謎のスペースが。

旅館にある謎のギャラリー。

・・謎。
このほかに謎の部分はないのでご安心を。

丁寧な造りの和室

和室にベッドスタイルの部屋。

今回選択した和室は今年の6月にリニューアルしたばかりとのこと。
とはいえユニットバスや洗面台などは新しくはないので、
障子の和紙を張り替えたり、照明を追加したり、
ベッドスタイルにした‥というかんじでしょうか。

床の間に小窓があったり、
ちょっとした棚があちこちに用意されていて
機能的だったりと、
広くはないけど丁寧な造りの和室で好感が持てます。

エアコンを入れていても部屋がなかなか温まりきらない
(特に窓際のスペースを開放しておくと窓からの冷気が強い)
というのは、静岡人にはちょっと難点でしたが。

あと、ベッドは最近どこの旅館やホテルでもセミダブルサイズ以上のものが主流(?)
と思われるのですが、ここのはシングルサイズのようで
子どもと添い寝するには狭く、
娘は寝かしつける際は添い寝し、寝入ったら布団で寝床を作りました。

押入れに入っていた予備布団で作った子供の寝床w

落ちる心配も、布団がはがされる心配もなく安心^^

平湯温泉の旅館の部屋より。

窓からは綺麗な西穂高岳(と思われる)も眺められ、
窓際がベンチになっているのも、ちょっと腰かけられて良いです。

窓際のベンチに腰掛け‥ずに上ってしまう1歳。

貸切露天と大浴場

貸切露天風呂は6室はあったと思います。
チェックイン時に予約します。

貸切露天自体はお風呂しかなく、
洗い場はないとのことだったので、
部屋のユニットバスで体を洗ってから行ったため、
予約時間に間に合わず慌てていたらカメラを忘れ、
残念ながら記録はないですが‥

広い脱衣室は床暖房で足元暖かく、
小さなテーブルがあるなど
家族内でも入浴時間が違ったり、
ドライヤー使用時間が違っても
ちょっとした待ち時間が過ごせるようになっているようです。

平湯温泉自体初めてですが、
鉄分が多くて茶色っぽい温泉です。
茶色っぽいどころか、
お風呂の底に鉄が溜まっているので
足や手をつくと(見てないけどおそらくお尻も)茶色くなり驚きました。
鉄分が多いお湯は身体の芯まで温まりやすいとか。

子どもがいると特に気になるお湯の温度は
家のお風呂と同じぐらいの体感だったので、41度ぐらい?
子どもも問題なく入れる、ファミリーには適温でした。

お風呂の広さも家族5人でも十分ゆったり入れる広さ。
今回は(長男次男が不在の旅行だったので)3人で広々入れました。

夫はめずらしく(冷えちゃったからと)夕食後と朝食後、
私は娘と夫が寝ている朝一番に大浴場へ行きましたが、
ちょうど前に入っていた人が出ていった直後で、貸切状態でした。

脱衣室は広すぎず狭すぎず(貸切状態なので広々使えたけど)。
ベビーベッドもあり子連れでも使いやすそうです。
一部床暖房でそれも嬉しい。

洗い場は1水栓ごと、すべて仕切りがあり、
誰も見てない‥と分かってはいても寂しい胸の私にはありがたい仕様(笑)

やはり外気が寒いからか、露天風呂は夜入った貸切露天より低めで40度ぐらい?
ぬるすぎて冷える、というほどではないけど温まりもしない(笑)

ここからお部屋のように西穂高岳が眺められる‥
といったことはなく近くの山の上のほうが少し見える程度の眺めですが、
お風呂の雰囲気は良かったです。

いつもは露天風呂にばかり浸かっている私ですが、
今回は露天ではあまり身体が温まらなかったし、
貸切状態だったので暖かい内風呂で、木の枠に頭をのせて、
ふわ~っと身体を浮かべているのが最高に気持ちよかったですw

お食事

個室でゆったりごはん

食事は食事処で取るスタイルですが、個室に分けられているので
のんびりできます。
しかも、3人以上の家族はみなそうなのか、広めの個室でした。
(2人だともっと狭いようでした)

広い個室の食事処。

HPなどでは飛騨牛らしき写真が載っていたので
ご当地メニューとして飛騨牛が出るのかな~
と何となく思っていた我々。

しかし夕食の肉ラインナップ‥

夕食のメインは自分で焼肉。

牛さんがいない!!
あれ?!予想外(笑)

飛騨牛プランとかも別に設定があったのかなー?
デフォルトではないようです。要注意(笑)

でも自分でちょこちょこ焼いたり、
しゃぶしゃぶしたり、
楽しく食べられるのは良かったです。

朝食では、これは飛騨牛なのかなー?

朴葉味噌♪の朝食。

なに牛か分からないけど朴葉味噌で、
やはり自分で混ぜ混ぜして食べるのは
楽しかったし、ご飯にのせて食べると大変美味でした♪

ごはんが進みすぎる。

朝食の鍋物というと湯豆腐とか、白身魚とかを想像しますが
野菜とお餅で「餅しゃぶ」というのは少し新鮮でした。

朝食全体。蓋開け忘れてるのは茶碗蒸しだったかな。

娘がきな粉が好きすぎて、
少し遅れてきた夫のきな粉を食べ荒らして
そこらじゅうきな粉だらけにされたのも予想外でしたけどね(苦笑)。

総じてまあまあ、という食事内容でしたが
飛騨牛が無かったのはプランの選択によるとしても、
ご飯がなぜか細切れ(ひきわり?みたいなかんじ)だったのと
品書きが無かったため
「これなんだろう??」と知らない食材などに出合っても解決しない
というのが残念ポイントでしょうか。

旅行時はやはり、ご当地のもの、普段あまり食べられないものを食べる
というのが一つの楽しみなので、
そこまでお高い食事じゃなくても、
お品書きはあったほうがありがたいなぁと思いますね。

まとめ

簡単ですがレポは以上です。
平湯温泉自体初めてでしたが、
山間でこじんまり、
旅館の目の前には雰囲気の良いちょっとした足湯公園のような場所があったり、
カフェがあったりと好感度高めの温泉地でした。

『山がの湯』は貸切露天風呂、岩盤浴(要予約らしい)、大浴場と
名前に「湯」が入っているお宿らしくお風呂が充実していて
お部屋もスタンダードな部屋でも良い感じなので、
今回ちょっと飛騨牛メニューは食べ逃しましたが、
カップルでも子連れ旅行でも、なかなか良い旅館だと思います。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

kkshaha

静岡市在住、長男(6)次男(3)長女(2)を育てる母です。 お出かけが大好きで週末はどこかしらへ出かけているので 子どもとキャンプ・旅行・公園などのお出かけ記録をメインに、 育児、読書の記録を綴っていこうと思います。 また仕事は建築士をしているので、 職業柄、アウトドアのお出かけにも建築士的視点が混ざっています。