【箱根・絶景の宿】箱根の山々一望の宿・山田屋でまったり。



先日の箱根旅行、
彫刻の森美術館↓をあとにし

アートで遊べる!ちびっこも楽しい☆箱根彫刻の森美術館

2019.01.30

向かったお宿は美術館から車で5分ほどの旅館、
『白湯の宿 山田屋』

何せ箱根旅行自体が、前日、

夫)「明日どこ行く?」
私)「ん~、なんとなくだけど、箱根あたりどうかなあ?」
※キャンプ予定の土日だったが、夫インフルからの病み上がりなどで断念した

当日、

夫)「・・なんか、どうせならどこか泊まりたいね・・」
私)「・・だよね・・」

と一泊旅行が決まったぐらいで、
この旅館も当日箱根に向かう車内にて検索し探し当てた宿でした(!)

今回は当日予約ということで
選択肢は限られているし、
キャンプの代わりなのでお金もあまりかけたくない、
でも子連れなので夕食付きの方が楽‥
といった考えより、

  1. 予算は1泊2食付きで3万円
  2. 部屋は綺麗でなくてもいいが温泉は良いかんじの浴場
  3. 彫刻の森美術館から遠くないエリア

といった条件で探しました。

そこで気になったのがこの旅館。
写真で見る限り、普段夫があまり好きじゃないらしい、
“古くて綺麗とは言い難い旅館” 
の部類かな~σ(^_^;)という印象でしたが、

  • 2食付きの中では安い!
    ※「 ご宿泊日限定の激安お得プラン!!」というもので、
     12,600円(大人)× 2名+ 1,620円(幼児食事布団なし)× 3名 計:30,060円
  • 部屋は「和室8畳~18畳(お部屋おまかせ)」←差が激しい!とやや心配なものの、
    『ブラタモリ』でタモリさんが浸かったというお風呂が良さそう
  • チェックインも14:30~と早めで嬉しい

といった内容から、ここに決めました。
中年以上に人気の番組『ブラタモリ』に出てるなら、
そんなに悪くないんじゃないか・・というのも大きかったかな。
そういった意味ではTVのパワーはやっぱり大きいですね・・

でも実際、確かに見た目の印象どおり綺麗な宿ではないものの、
コスパ的には凄く良かったので、レポします♪

施設;階段いっぱい上る(>_<)けど絶景に癒される!

目の前が道路!下は崖!
という立地なので、外観はあまり撮れず・・

エントランス前。ザ旅館!って雰囲気わかるかな?

チェックアウト時にお店の方に撮って頂いた写真くらいですが、
なんとなく、イマドキな洗練された旅館・・じゃないかんじは分かりますかね?

目の前が道路です!崖に張り付いたような建物なので、周囲に余裕はありません!

ロビーもアットホーム・・という表現が合うのかな?

アットホームな?ロビー。

一応お土産のコーナーとかあります。

予約時、ちょっと気になったのが
「館内は5階建ですが、エレベーターがございませんので、ご了承ください」
という注意書き。

バリヤフリ―が叫ばれている昨今にしてはめずらしいけど、
まあ、大丈夫でしょ、
と思っていましたが、
階段の基準も適法ギリギリかな?
という急な階段でちょっとビックリ。

注意!館内の階段、なかなか急です。

しかも踊り場も少ないので、子どもや高齢者でなくてもちょっと怖い・・(゚д゚;)

まあ、チェックイン&アウトの時以外、
部屋の上下階ぐらいしか移動しなかったのでうち的には問題ありません。

外観を見ると、建物が崖にへばりついているような造りで、
内部がこんなかんじになるのも無理ないかなー
とも思いました。
しかも、えっさほいさと上った先には絶景のお部屋&お風呂・・

絶景堪能♪お部屋

「部屋おまかせ」ということでどんなものかとやや不安でしたが、
今回指定されたのは4階の『見晴』というお部屋。

頂いた館内見取り図。4階角部屋です♪

あら角部屋^^
隣に客室なくてありがたい!(ちびっこうるさいので)

入口の意匠(装飾)、まあまあ凝ってます。
そして家の玄関のような扉。

お部屋の入口は軒先風。

お部屋内部!

10畳+窓際の板間。

ふつうだけど狭くはないし障子もちょっと洒落てます。
人形が飾ってあるのは最初子どもにはちょっと怖かったようだけど・・
「え?カワイイじゃん」
となんてことないじゃん風に言ったらじっと人形のお顔を見て
「‥ほんとだ。かわいいね」
と長男。単純で良かったw

窓の外には絶景!

お部屋から眺められる箱根の山々。

宿自体がかなり高いところにあるので、
箱根の山々と近いレベルで眺められるのが最高です。

屋根を強調した角度で撮ってますが、実際そんなに気になりません。

イマドキの宿なら「これじゃ危険!」
と手すりとか付けちゃうと思われるレベルの、
この窓の開放感。
屋根に出られちゃうって(笑)
でも窓が低い位置についてるおかげでソファに座っていても景色がよく眺められます。

部屋からの景色、大事ですよね。
お部屋や宿自体決して立派な造りじゃないですが、
この景色だけで満足度凄く高くなりました!

夕暮れ時に山が赤く染まる時間帯・・
目に焼き付けました!w

昔ながらの造りなので
窓からの冷気は強いです。

朝、暖房を入れた直後に障子をあけたら
窓の結露が凍っていてビビりましたw
あたたかい静岡市ではシングルガラス(昨今の住宅は複層ガラスが一般的です)でも
凍ったりしないですからね・・

でも障子は優秀なので、閉めるだけでかなり断熱されます。
(夜間暖房切っても布団に入っていれば大丈夫でした)

絶景独り占め?!タモリさんも入った!お風呂

争奪?絶景温泉

『ブラタモリ』でタモリさんも浸かった(※正確には足だけらしい!)という露天風呂、
早朝男女入れ替えのタイミングですぐ入ったら
他のお客さんがいなかったのでパパッと撮らせてもらいました。

絶景温泉「寄木細工の湯」。

部屋と同じ4階なので、見れる絶景は部屋と一緒ですが、
温泉に浸かりながらだと一層沁みます。

予想外だったのは、露天風呂には窯型の、小さい浴槽が二つしかなかったこと。
他人と浸かるには小さすぎるので、
2グループしか同時には入れません。

夜間の入浴時にそれに気づき、
朝は一番で入れるようにしてよかったです。
私の後に5分ぐらいで一人来てもう一個の方に入ったら、
次に来たお客さんは内湯で待っている、という状態に・・

部屋数を見れば、そんなにお客さんの多い旅館ではないので
広さより“個々のゆとり”を重視したのかもですが、
朝などはあまり時間に余裕がないので(利用者が集中する)、
これはちょっとした争奪戦だな、と思いましたw

ちなみに、「寄木細工の湯」ってどんな?
と思ったら、壁と天井に寄木細工の装飾が施してありました。
(浴槽が寄木細工でできている、とかではないです。)

注意;貸切風呂は露天風呂ではない。

うちの末っ子娘はまだオムツっ子。
宿や日帰り温泉によっては
オムツの子NGなところもあります。

ダメと明記されていなくても
オムツの子を大浴場へ連れて行くのは気を遣う‥
ということで、貸切風呂がある場合、
末っ子を入れる目的も兼ねてなるべく予約するようにしている我が家。

予約時に、確か『貸切露天』って書いてあった気がするし・・
チェックイン時に頂いた見取り図にも『貸切露天風呂』
と書いてあったので、
貸切料1時間(50分だったかな)3000円は、
宿料からするとちょっと高いけど露天風呂ならまあいいか、と予約しました。

娘以外は皆男女それぞれ大浴場に浸かった後の夕食後、
家族皆で5階の貸切風呂へ。

脱衣所‥あんまり綺麗くない。

お風呂は‥

3歳次男を入れて点景に。お風呂のサイズ感つかめるかと。

あれ?
これは露天ではない・・よね。
そして部屋の案内冊子の小さな写真から想像してたのと
ちょっと違うなσ(^_^;)
湯船小さいし。
家庭のお風呂サイズ+α程度!

後日確認した公式HPには
『貸切露天』と書いてありました。
(でもHPの写真ともテラスの囲いのかんじとか違うんだよなぁ‥謎。)
窓を開ければ確かに露天風にはなりますw

気を遣わず娘の身体も無事温められたし、
家族皆で入れる(子ども小さいので湯船になんとか全員入れました)楽しさもあるけど、
コスパはよくない。
再訪はしてもいいな、と思える宿ですが
この貸切風呂はもういいかな、
という感想でした。

食事;お部屋でのんびり♪

子連れに嬉しい(^^)部屋食

ちょっと大きい旅館とかだと食事は食事処で、
というケースが多いですよね。
こちらでも大人数などだと食事処での食事となるそうですが、
今回私たちは部屋食でした。

子連れにはこれがありがたい。
食事処でも個室に分けられているケースが多いとはいえ、
やっぱり子どもが騒ぎ出したりすると気になります。

うちの子たちは総じて食事中は特に注意力散漫なので
外食しても親は子どもが気になりのんびりできないこと多々。

実際、今回部屋での食事中、
子どもたちは自由極まりなかったです。
テレビを見たり、走り回ったり(下の階に響きそうなので一応注意するものの)・・

自由極まりない食事風景。

普段の外食だと
「早く食べちゃってよー(´Д`υ)」
とせかしたり、最終的には口につっこんだり。
でも今回は
「食べないのー?まあいいや。食べちゃうよー」
と、子どもを気にせず食事を味わうことができました。

少なめ?いやちょうどいいです!食事内容

今回のプランでは食事に関し
「通常プランより量は少なめです」とあったので、
大人2人分を子どもにも取り分けただけで足りるかな?
思ったりもしましたが、
子どもが遊んでしまいあまりたくさん食べなかったこともあり、
全く問題なしでした。

通常プランよりは少なめらしい、夕食。十分な量と質でした。

上述の経緯より、食事は特段期待しておらず
ハードルが低めだったのもあるかもですが、
味もふつうに美味しかったです。

朝食時は、子どもの分が特別ないのを気にしてくれたらしい仲居さんが
海苔を子供の人数分追加してくれました。

朝食もお部屋で♪寝ぼけ顔でも気にならなくて良い!w

気遣いがありがたいです。
しかもうちの子は三人共海苔が好物。
(もずくや納豆など、渋好みな三人ですw)
海苔ばっか食べてるな、という勢いで食べてました。

アットホームな宿の人々

海苔をくれた仲居さんですが、
私たちの担当だったようで食事の準備などの他、
けっこう年配の女性なのに
チェックイン直後には急な階段をものともせずひょいひょいと
荷物を運んでくれたり、
チェックアウト時は怖々階段を下りる娘をさっと抱っこして降りてくれたり、
玄関では娘の靴も履かせてくれたり‥

娘に靴を履かせてくれてます。次男、そこ靴ではダメ!

何かと丁寧に対応してくれました。

朝、大浴場の脱衣所の清掃をしていたのもこの方でした。
女性スタッフは他にあまり見かけなかったな・・
もしかして、いわゆる女将さんだったのかな??

他のスタッフの方はそれほど接点もありませんでしたが、
カタ過ぎず、でも丁寧で、
総じてアットホームな印象でした。

観光にも便利な立地

ここ、初日に行こうと考えていた彫刻の森美術館から近いエリアだったので
立地的にもいいかなと選んだわけですが、
翌日の観光のスタート地点としてもとても良かったです。

今回は前述のような弾丸旅行だったので
翌日2日目のスケジュールは宿で考えたわけですが、
家族皆行ったことのなかった大涌谷へ行こうかな~
と考えた時、このお宿は
大涌谷へのロープウェーのスタート駅まですぐ!
という立地だったので、
翌日とても良い観光日程となりました^^

***

以上です!

箱根旅行で、施設や部屋は立派でなくて良いけど
温泉でゆったりしたい、
景色も味わいたい、
子どもと部屋でのんびりしたい、
という時には凄くコスパの高い旅館だと思います!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

kkshaha

静岡市在住、長男(7)次男(5)長女(3)を育てる母です。 お出かけが大好きで週末はどこかしらへ出かけているので 子どもとキャンプ・旅行・公園などのお出かけ記録をメインに、 育児、読書の記録を綴っていこうと思います。 また仕事は建築士をしているので、 職業柄、アウトドアのお出かけにも建築士的視点が混ざっています。