【静岡・大井川のキャンプ場】使い勝手抜群♪定番にしたい・くのわき親水公園キャンプ場



こんにちは。

来ましたね!
キャンプのベストシーズンが!!

寒さが和らぎ、暑くもなく、新緑がキレイ!
虫もまだ少ない!
外でのんびりするのが気持ちいい最高の季節です♡

そんな4月半ば、静岡は大井川のそば、
大井川鉄道のSLも眺められる、人気のキャンプ場
『くのわき親水公園キャンプ場』
へ行ってきたのでレポします。

以前、連休の時に当日予約しようとしたらいっぱいで、
先月は数日前でしたがフリーサイトがいっぱいで(区画はあいていた)、
3度目にしてやっと予約できました。

広いキャンプ場らしいから空いてるかな・・
と思いきや、
ゆったりテントが張れるよう、
エリアごと受入れテント数が決まっているので
早めに予約しないと埋まってしまう というわけでした。

でも予約さえできれば
フリーサイトでも場所取り争奪戦となることもない
かなりゆとりをもった受入れテント数なので
満杯でも他のテントと密着してしまうということもない
というのは、大きなテントを張りたいファミリーキャンパーには嬉しい♪

そして、高規格というほどの設備ではないものの
十分綺麗で、何より広々としたキャンプ場全体の手入れが行き届き、
使い勝手抜群な割に料金が安いという
コスパ最高なキャンプ場でした!

う~ん、人気の理由がわかります。
静岡市からも近いエリアだし、
うちもホーム的なキャンプ場になる予感。

ざっくり基本情報

  • イン・アウト;12~11時
    (通常の土日はいずれも自由なかんじ!昼過ぎまでいる人多かったです!ありがたい♡)
  • 料金(1泊);サイト料/泊(1張1500円、区画サイト2500円)
           +施設利用料/日(大人300円、小人150円 ※1泊2日だとこの倍です)
           +駐車場/日(車300円、バイク150円 ※同上)
    家族5人(大人2人、小人1人)、車一台1テント、1泊2日で3600円でした!安い♡
  • サイト数  ;フリーサイト100張・区画サイト34サイト
  • 営業期間  ;通年
  • 予約    ;随時電話で。予約空き状況はHPで確認できる。
  • サイト状況 ;概ね芝(やや土や砂利っぽいところも。)
  • ゴミ    ;分別して捨てられる(ペットボトルは持ち帰り
個人的に重要なポイント

  1. 絶景度      ★★★☆☆
  2. アクティビティ度 ★★★☆☆
  3. 施設の使い易さ  ★★★☆☆
  4. スタッフ応対   ★★★★☆
  5. ワイルド度    ★★★☆☆

    →どれかが突出して良いというわけではないけど、バランス良い!

ざっくり解説

①絶景度

大きく種類も豊富な木々が良いかんじの場内。

サイト内には大きく種類も様々な木々が点在して程よい木陰をつくり、
周囲は川向うに山が望め、
管理棟の裏側のエリアには静岡のお茶所らしく茶畑。

管理棟、炊事棟の裏側には茶畑が拡がる。

林間ではないので真夏はちょっと暑さが厳しいかもですが、
全体的な景観は凄く良くて、
絶景ではないけど、のどかな風景が広がり、のんびりできます。

②アクティビティ度

川沿いとはいっても、川まではけっこうな距離。
川遊び、できるけどベストではない、ってかんじかなと思いました。

夏なら子どもにねだられて川まで行くと思いますが、
ちょっと歩くので、川遊びグッズやタオルなど、
一式を持ち易い袋などに入れて行かないとならないと思います。

川遊びより、場内広々、傾斜もなく、
道は砂利だけど自転車なら乗れるし、
キャンプサイトではない芝生エリアが豊富なので、
バドミントンやボール遊びなどをしてもいいし、
色んな植物が植わってたり生えてたり、
子どもが小さいうちなら散策するだけでも楽しめます。

メインの通り(砂利道)以外にも、よく見るとエリア分けされているフリーサイト。

キャンプサイト以外の芝生エリアも広く、場内のあちこちに!

芝桜が咲いているところも。桜も多くお花見キャンプもできそう!

管理棟のそばには昔ながらの定番遊具もあり、
小さい公園のようなかんじになってます。

遠くてわかりにくいけど、鉄棒・ブランコ・滑り台の三点セット

 

うちの子どもたち(6・3・2歳)は茶畑に近い、
ちょっと丘になってる場所で
タンポポをしこたま採取していました。

『タンポポ屋さん』を開く兄弟。

‥そんなわけで、
特別アクティビティに優れている!
とまではいかないけど、
場内広々、色んな場所があるので、
大人もゆったり・子どもも飽きることはないです^^

③施設の使いやすさ

管理棟はこんな。

ドライブスルーで受付してくれそうでできない管理棟w

ドライブスルーできそうな受付になっているけど
普通にスルーして駐車場にとめ、
受付をするようですw

多少の売店もあり。
写真の手前の小さい屋根のところで、
日曜の8時からパン屋さんの販売があります。
(HPのカレンダーに「パン」とある日が販売日らしい)

炊事場は管理棟の並びに二か所。

お湯は出ないけど、必要十分な炊事場。ゴミ庫隣接。清潔です。

いずれもキャンプサイトから1段上がったところにあり、
区画サイトやフリーサイトの遠いエリア(予約は管理棟近くから入れるらしい)
だとちょっと遠くなります。
(でも何とか、苦じゃない範囲かな~)

トイレとシャワーも炊事場の近くに。
やはりお湯はでませんが、清潔だしトイレがウォシュレット付き♪

トイレ・シャワー棟。

もう、ウォシュレット付きのトイレはよくあるので、
特別感はないですけどね。

ウォシュレット付きだし、キレイなトイレ内。

ウォシュレットないところが、むしろ「あー・・残念・・」
ってマイナスなくらいですね~
良い時代だ・・。

まだ、1泊ぐらいならシャワー使わず
2日目撤収後に日帰り温泉、というのが定番となっている我が家ですが、
夏なら使いたくなる可能性も高いシャワー室。

シャワー室。

2室なので夏は混むのかな?
川根温泉がまあまあ近いところにあるので、
そちらまで行く人も多いかと思われます。

今回は直前に予約したため
炊事トイレが比較的遠いエリアとなってしまったのもあり、
距離的には使い易くもない距離となりましたが、
設備は綺麗で、特に問題無し、ウォシュレットで安心♪てかんじです。

④スタッフ応対

電話口ではよくも悪くもない、ふつう。
受付時は地元のおばちゃんてかんじのスタッフの方が、
フランクに応対。親しみ易い雰囲気ではあります。

連休時は別でしょうが、
「(いつ来ても、)いつ帰ってもいいです~」
って時間にルーズなのは非常にありがたい・ポイント高いです♡

うちはノンビリ撤収のためにデイキャン料金払うことも多いので、
追加料金一切ないのはコスパ高くて嬉しい~♪

⑤ワイルド度

道路こそ砂利ですが、全体に良く整備されているので
大自然満喫!!っていうよりは、
のどかな田舎でのんびり~♪
ってイメージのキャンプ場ですが、
人工物は対岸の道路や線路が遠く見える程度なので、
ゆったりできます。

その他のポイント

区画サイトも良いかんじ

フリーサイトが広々していて人気のキャンプ場らしいですが、
区画サイトもいたって綺麗です。

この季節サツキも咲いて綺麗な区画サイト。

低木・高木でちゃんと区画されています。

大きな木が程よく木陰を落とすサイトも多い。

大きめの木が複数あるサイトもあり、
ハンモックテントのようなのを吊るしている方もいました。

前述のとおり、フリーサイトでもご近所が近すぎる、
とはならないので個人的には問題なしですが、
よりプライベート空間を重視する人にはとても良いのではないでしょうか。

当然フリーサイトよりはレイアウトに制限があるとはいえ、
区画サイトとしては広い方だと思います。
うちは大きくなりがちなのでフリーサイト派だけど
アスガルドでも何とか張れそうなかんじ。

余剰スペースでゆったり感大

テントサイトのまわりには、芝生の余剰スペースがあります。
キャンプファイヤーできそうなサークルも二か所ありました。
団体さんが使うのかな?

予約すればキャンプファイアーできるのかな?と思わせるサークル。

炊事棟の裏側には、前述のような公園ぽくなっているところに続き、
ちょっとした広場も。

木陰の広場。

やはり団体のお客さんがイベントで使うのかな?

テントサイトも十分広いのですが、
周囲にも広場がたくさんあり、ゆったり感が高いです。

朝食に大助かり!パンの販売♪

こちらも前述しましたが、
2日目の朝、管理棟のそばで地元パン屋さん(?)による販売がありました。

パンの販売の様子。

いつもはキャンプ前日に自宅近所のパン屋さんで買っていくことが多いのですが、
今回は時間が遅かったため売り切れで、仕方なくコンビニのパン持参だったので、
それじゃー盛り上がらん と
買いに行きました。

「けっこう高いねえ」と余計な事を言い放つ長男。いやいや普通ですよ。

おかず系、スイーツ系、・・比較的甘いのが多いラインナップかな。

おかげさまで手抜き朝食も、何となく美味しそうな見栄えに。

朝食時は暖かかったので外で。

現地で買えるのはありがたいですねー^^

うちのサイト状況

最後に、うちの様子です~
今回も、夜はまだ寒かろうとアスガルド。

寒い季節はこもってばかりであまりやらない焚火台、久々の登場。

でも日中は暖かかったので
サイドをまくってみました。

陽がさすと暖かくなりすぎたので、オープンに。

風が抜けて気持ちいい~
頭隠して尻隠さずというか、
足元は丸見えだけど、外から見られても目線は合わないので
視線も気にならず。(まあ、特に見られてもいなかろうが)

内部では、大人はこんなの開けてました。

入手困難な上ネットなどだとけっこうなお値段らしい。

じゃじゃん。
夫が日々の私をねぎらい、知人の酒屋さんを通して
入手してくれた『山崎18年』。

12年なら居酒屋などで飲んでいますが、
18年は未知の領域。。

ふだんはロックが好きですが、
これは水割りでも十分美味しい、
というか私にはロックでは濃厚すぎるかな、ぐらいでした。
香りが・・良いです・・ヽ(*´ェ`*)ノ

子どもを寝せた夜間には、
月を眺めながら焚火をかこみ、
夫が作ってくれた丸氷(包丁で板氷からせっせと切り出し)を入れて
夫婦で晩酌・・
仕事が一区切り、しかし次週にまたヤマあり、というタイミングだったので、
癒されまくりました~(´ー`)

そして朝は久々に外で、
タープなしでしたが日差しの下がちょうど気持ち良い陽気で、
気持ち良かったです。

近くの松がやんわり陽を遮ってくれ、ちょうどいい具合に。

春はいいなあ~~~

以上キャンプ場レポでした!

今回、見損ねたのでまったく触れませんでしたが、
対岸にSLが見える(ハズ)なので、
てっちゃんや電車好きの子ども受けも良いことでしょう。

でもSLやリバービューといった特徴にあまり触れなくても、
十分魅力的なキャンプ場でした!

県外の人にももちろんおススメですが、
地元静岡人は、ホーム的に通いたいキャンプ場と言えると思います♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

kkshaha

静岡市在住、長男(6)次男(3)長女(2)を育てる母です。 お出かけが大好きで週末はどこかしらへ出かけているので 子どもとキャンプ・旅行・公園などのお出かけ記録をメインに、 育児、読書の記録を綴っていこうと思います。 また建築士として仕事もしているので 建築のこともちょいちょい記録できたらなと。 職業柄、アウトドアのお出かけにも建築士的視点が混ざっています。