【長野】眺望良好♪環境充実♪駒ケ根高原アルプスの丘キャンプ場



ほどよい気温、澄んだ空気、カラッとした爽やかな風‥

キャンプに最高の季節がやってきました♪

コロナによる緊急事態宣言期間も終わり、
何とか越県可能となった10月始めの週末、

『千畳敷カール』とセットでずっと気になっていた、
長野は駒ケ根市の『駒ケ根高原家族旅行村アルプスの丘キャンプ場』
へ行ってきました。

正式名称長っw

ここの予約サイトはサイトごと写真が載っていて
サイトサイズや形状も(画像が小さくて見にくいけど)
細かく載せてくれているので予約し易く良いのですが、
写真がいまいち魅力的に見えない・・

今回快晴に恵まれ、公式ページよりサイトの魅力が伝わる写真が撮れた!
(と思われるサイトもある!^^;)
ので、予約サイトの検討の参考にしてもらえたらと思います。

広すぎて全サイト網羅はできませんが‥

ざっくり基本情報

  • イン・アウト;14:00~11:00 
    ※週末ロングステイキャンプ対象日・対象サイトなら金曜14時~日曜13時!!
  • 料金(1泊);オートサイト5100円~ +環境保全費・・・お一人300円
    ※サイトごと細かく設定
  • 営業期間  ;3月中旬~11月末
  • 予約    ;『なっぷ』
  • サイト状況 ;砂、芝生、土‥サイトごと異なる
  • ゴミ    ;分別して捨てられる
  • 水回り   ;トイレに洋式あり・ウォシュレット無し(※グランサイトの場合)
個人的に重要なポイント
①景色の良さ    ★★★★☆
②アクティビティ度 ★★★★☆
③施設の使い易さ  ★★★★☆
④周辺環境     ★★★★★

ざっくり解説①景色の良さ

場内は広く、様々なロケーションのサイトがあります。

一番新しく、一番眺望が良い『アルプスの丘』エリアは
南アルプスの山々!

H-1サイトからの眺望

すぐ下が広い芝生広場なのも良い。

元マレットゴルフ場だった『グランサイト』エリアは、
眺望(南アルプスへの眺め)は『アルプスの丘』エリアには劣るけど、
上段のサイトからは南アルプスが多少望めるし、
何より青々とした芝生が気持ちよく、
程よい凹凸により変化のある段上サイトなのも良きです。

グランサイト最上段のG-3サイトからの南アルプス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、全体を歩き回って分かったのですが、
このキャンプ場、場内あちこちに流れるせせらぎが
上手に生かされています。

中央エリアにある池。

管理棟&温泉のある中心部には鯉の泳ぐ池。
オートサイト内には小さな沢が2本。

オートサイト36の横を流れる沢。

オートサイト18と20の間にある、沢の水が一旦留まる池。

 

人工的に機械で汲み上げた水ではなく、
元からあった自然の沢の流れを
上手く修景に活かしているんだと思います。
なので、清流、、という程ではないけど水は綺麗。

眺望が良いサイト、そうでもないサイトとありますが、
広い場内を歩けば景色の変化も楽しめるし、
全体的にロケーションが良いキャンプ場と思います。

ざっくり解説②アクティビティ度

広い場内では、ちょっとした遊具や‥

グランサイトに隣接する広場に遊具少々。

おもしろ自転車(30分500円)、

子ども大好きおもしろ自転車

ゴーカートなど

誰かが乗ってるとこは見れずだったゴーカート。

ゴーカートのコースは林間を行くようで良さそうでしたが。。

子どもが遊ぶ場所がちょこちょこ。

管理棟近くの芝生広場で走り回るもよし。

管理棟に近い場所に広がる、眺めの良い芝生広場

芝生広場にある屋根付きステージ(?)には
有料のトランポリンもあります。

大人向けは芝生広場で開催される
ヨガぐらいですが、

我が家のように車でバス停まで数分の
『千畳敷カール』へ出かけるのもおススメです!

場内でできる大人向けアクティビティはあまりないけど、
周辺の観光スポットに事欠かないことを考慮すると、
総じてアクティビティ度は高めと思います。

ざっくり解説③施設の使い易さ

日帰り温泉併設!

キャンプ場内には日帰り温泉施設があるので
どのサイトからも徒歩で温泉に入りに来れちゃいます。

管理棟の隣には日帰り温泉施設が!

温泉施設自体は新しくはないようですが、
リニューアルされているので概ね綺麗です。

湯質はノーマルなかんじで、
あまり温泉らしさは強くないですが、
サウナも露天風呂もあり
キャンプで入れる温泉としては
充実している方だと思います。

宿泊客以外の方も入れる施設ですが、
やはりキャンプ泊の人が多そうだったので
ふだん銭湯などには行き慣れていない人が多い為か(?)
利用客のマナーはちょっと気になりましたが‥

たまたまそういう人が多いタイミングだったのだと思いますが
あちこちでマナー違反が見られちょっとゲンナリ‥

(それも主に子どもとその親、子連れの親だったので
子どもの今後の為にも親がシッカリしてくれよ‥
と思ってしまった(・・;)

使い勝手良い施設

場内広いため、泊まるエリアによって炊事棟やトイレの使い勝手は
多少異なると思います。
 
一番新しそうな炊事場の造りを見ると‥

アルプスの丘エリアHエリアの炊事場

オシャレ志向ではあるのが分かりますね。

我が家が泊まったグランサイトエリアのトイレは
元マレットゴルフ場の受付管理棟だったと思われ、
建物は立派ですが年季が入っているので
トイレの扉などは新設もしくは改修され新しいものの、
ウォシュレット付きではなかったです。

トイレやキッチンには洗剤類(ハンドソープ、食器用洗剤)
が完備され、シンクには三角コーナーもあり使い勝手◎。

ゴミ置き場も各炊事棟付近にあり
分別すればたいていのゴミは捨てていけるのも良。

予約し易い予約システム

そもそも予約の時点でポイント高いのが、
サイト別に予約できてかつそれぞれのサイトの説明が丁寧な点。

ロケーションやサイトの状況を重視するキャンパーにとって
これは凄くポイントが高い‥!!

運営は絶景キャンプ場で人気の高い『いなかの風』
と同じところなので、どちらも同じようにサイト別に予約可能なのが
ありがたいですね~

でもオートサイトやアルプスの丘サイトは
予約サイト上の写真がイマイチなのがちょっと勿体無い感ありますが‥
(※2021年10月現在の話)

今回天候に恵まれたタイミングで宿泊できたので、
どのサイトも予約サイトの写真以上に魅力を感じられましたよ^^

ロングステイプランが最高~!

このキャンプ場では2021年10月現在、
『ロングステイキャンプ』というプランがあり、
対象の土曜日に予約すれば、宿泊費はそのままで
前日金曜の14時からチェックイン可能になり、
チェックアウトも日曜の13時でよい、
というのがあり、今回我が家はその対象日の土日で予約しました。

金曜の午後は半休をとって、
長男の小学校が終わったらすぐ出発、
17時頃にチェックインし、
土曜日は朝から『千畳敷カール』へお出かけ。
翌日曜もぐだぐだ起きてブランチし、
ゆるゆる撤収作業しても何とかチェックアウトに間に合う、
という、2泊2日まるっと楽しめるスケジュールとなりました。

金曜に休みを取ればガッツリ2泊分が、
1泊分の料金で楽しめてお得だし、
休みや半休が無理でも土曜の朝早いうちからチェックインできるので
通常よりはゆったり過ごせます。

チェックアウト11時とかではちょっと時間足らなくて、
いつも延長したりデイキャン料金払ったりして
長めに滞在するのが常の我が家には
チェックアウト13時というのもとてもありがたい!

こういうプラン、他のキャンプ場とかにも広まらないかなぁ^^;

(まあ、平日キャンパーの少ない、
ファミリー向けのキャンプ場でないと
あまりキャンプ場側にメリット無いでしょうけども・・)

ざっくり解説④周辺環境

最寄りインターから車で数分で着いてしまうので
アクセスはすこぶる良いキャンプ場です!

コンビニやスーパー、ドラッグストアなどへも
数分で行けちゃいますし、

周囲は観光地でもあるので
観光と組み合わせて計画することもできます。

我が家は先述のとおり『千畳敷カール』へ行きましたが、
絶景を堪能できて大満足でした。

秋の千畳敷カール。無加工なのに、稜線がくっきりすぎて合成写真みたいw

今回紅葉シーズンで激混みの為、
待ち時間が恐ろしく長くて大変でしたが、
高山植物の花が咲く季節にまた行ってみる、
次は頂上を目指して頑張るなど、
また何度でも行きたくなる場所でした。

ご当地グルメも忘れずに。

定番ぽい『明治亭』のトンカツ。

このあたりは甘めのタレたっぷりのトンカツが有名だそう。
タレたっぷりなのに衣がサクっとしてて
こだわりのタレは日本人なら好きな人が多そうな、やみつきになる味。
ボリュームに驚きましたがパクパク食べちゃいます。
(と言いつつ子どもが注文したものが残っても食べられるよう、これは夫と半分こした)

ベストサイト探索

ここのキャンプ場はサイトのバリエーションが豊富で、
何を重視するかによって最適なサイトは異なりますが、
私が気になったサイトをエリア別にご紹介します。

色んなサイトがある。

場内マップはこちら。

解放感と快適性に優れるグランサイト

今回我が家が泊まったのはグランサイト。
元マレットゴルフ場だった場所のため、
エリアの一部を小川が流れていて、
それをウリにしたサイトもあります。

Bridgeサイトを分割する川とシンボル(?)の橋

Bridgeサイトから南アルプス方向。

全体に傾斜していて、場内マップでいうと
BridgeサイトやG3サイトあたりが最上段となり、
南アルプス方向への眺望が良いです。

G3から南アルプス方向。手前に見えているのはG1サイト。

G3サイト全景

広さや眺望だとG3サイトが一番かな?
と思いますが、少し離れた駐車場(上写真の右端)から手運びなので、
設営撤収がちょっと大変かも。

今回我が家が泊まったG1も眺望良い方でしたし
かなり広く使えて良かったです。

G1にランステとサーカス張ってもまだ2,3テント余裕で張れる。

中央の傾斜のある部分もG1の一部。広い!

平らで広々としたサイト中央にテント張ろうとすると
駐車スペースから手運びする距離がそれなりに出て
少し手間でしたが^^;

G1の駐車スペース側からの出入口

オートサイトではないとはいえ、
車は隣接して停められたんですけどね。
サイトが広すぎてw

G4も高いエリアで良いですが、
南アルプスは木々で見えにくいかな。

G4から南アルプス方向の眺め。

 

 

Alpsサイトは名前はアルプスだけど南アルプスは見えない‥。

Alpsサイト全景。駐車スペースからなら南アルプスかろうじて‥

でも一番広いしサイト内に小川もあるので人気かな?

その下のTreeサイトも広いです。

Treeサイトから木曾駒方向。

このあたりは木々で南アルプス方向は見えないので、
反対側を見上げるかんじでテントを張るかな・・?

個人的にこのエリアでいいな、と思ったサイトは以上のとおり、
南アルプスが垣間見える上段エリアのサイトか
下段でも広々としたサイトでした!

高原とはいえ木陰があまりないので、
真夏には向かないエリアかもしれませんが、
青々した芝生と、傾斜のある土地、
元マレットゴルフ場という特徴を活かしたサイト構成で
おススメのエリアです。

とはいえどのサイトも規格外の広さのため宿泊費も高く、
グルキャンでの利用が理想ですね。

眺望ピカイチ!アルプスの丘サイト

グランサイト同様、広い・高い・定員多い、
でグルキャン向け、
場内で最も高いエリアで南アルプス方向に開けているため、
眺望が一番良いのがこのエリア。

今回我が家の予約の際も
グランサイトとどちらにするか迷いましたが、
HPの写真からだと魅力がいまいち分かりきれず、
今回はこちらは選ばず、その分念入りにチェックwしてきました!

一番眺望が良いのは一番高いエリアのH1かな‥?

南アルプスがドーンと見えて気持ち良いH1。

昔ながらのキャンプファイヤースペース並みの
大きなファイアーサークルがあるのがユニークです(H2にもある)。

H2のファイアーサークルとサイト。

地面はHPには山砂、
とあるものの、土っぽい見た目で
どんなかんじなのか気になっていましたが
砂利ほどじゃないけど土ほど汚れにくく水はけも良さそうで
むしろ砂利より自然な雰囲気で、
見た目と使い勝手のバランスが良さそうです。

H1のすぐ下のH4サイトも、数m高さが低くなる分
H1に比べれば少し眺望で劣るというだけで、
それでもほぼ同じような眺望が望め、
眼下は青々とした広い芝生広場なので
他グループのテントが視界に入らないのが良いです。

H4からの眺望も◎すぐ下は広大な広場!

H4全景。どのサイトも殆ど平らに整地されていて使い易そう。

少し奥まった場所にあるため
解放感ではH1にやや劣るものの、
東屋付きでまわりも芝生に囲まれていて
何ともリッチな構成なのがH3。

東屋もサイトの一部、H3。

テーブルとベンチが常設でセットされたサイトは
どこかで見たことあるけど
こんなガチな東屋を専有できるサイトなんて見たことない‥!

H3から南アルプス方向の眺望。

芝生の場所は専有スペースではないとはいえ、
このサイトの庭みたいな感覚で使えちゃいそう。

H3サイトの周りに広がる芝生スペース。

このエリアで特に気になったのは以上の3サイトですが、
隣接するH2やH5も隣のH1やH4とほぼ同様に眺望良いです。

H7から南アルプス方向の眺望。

南アルプス方向に他サイトがある場所だと
他サイトのテントで眺望が遮られてきます。

眺望の良いサイトほど木陰もないので
グランサイト同様真夏はきついかもしれません。

空気が澄んでいて遠くまで見通しやすい
春や秋で、かつこんな快晴の日に泊まれたら最高ですねー!
(天気ばかりはどうしようもないが・・)

最もスタンダードな林間オートサイトは・・?

グランサイトやアルプスの丘サイトは
グルキャンには最適ですが
1家族で泊まるにはリッチすぎる。。

スタンダードなサイトはどうなの‥?
と思う方もいるでしょう。
私も気になっていました。

グランサイトやアルプスの丘サイトは
近年キャンプサイトとして新設されたサイトですが、
林間オートサイトはこのキャンプ場の初期からあるサイトのようで
コンパクトなサイトが多いです。

42サイト前からケビン村方向を見たところ。右側が山側。

車道は広めで、山側(場内マップだと下側)は
サイトの周りが高くなっているので囲われ感があるが
駐車スペースとテントスぺースの間に段差があるサイトも多く、
よりコンパクト、
反対側はサイトの周りが下がっていくので平らでやや広め。

前述のとおり場内を小川が流れていて、
林間オートサイトには小川に隣接したサイトもあるので
36サイトとかちょっと良いなと思いました。

小川と36番サイト

でもHPの写真で見た印象より思いの外コンパクトで‥
山側サイトだとうちの持ちテントは殆ど張れないなぁ‥
と思いました^^;。
(うちで一番コンパクトな、ユドゥン&タープの組合せならいけるけど)

背景が白樺の木になる5番サイト。

ちょっと宿泊費が上がるけど広めの電源付き大型サイトというのもありますが、
広々している分ちょっと林間特有の囲われ感も低く‥

A9-12大型電源サイト。

個人的には山側のサイトの方が雰囲気は好きでした。

ちなみに、、

AC電源サイトはこことまた別のエリアにまとまっていますが、
(マップでオレンジのエリアA1~8)
高低差の大きな場所で、段上のサイトになっているので
プライベート感は高めですが、
植木の種類が乏しく(主にケヤキ)、
林間オートサイトに比べると自然な雰囲気が劣ります。

オート56番サイト付近からのAC電源サイトエリア

 

その他気になったサイト

アルプスの丘エリアと同じくらいの標高になるのか、
木々の間からですが南アルプスが見えるのが
今年できたばかりらしい58番サイト。

広々58番サイト

58番サイトからの南アルプス。下は56番サイト。

アルプスの丘エリアほど解放感はありませんが、
プライベート感はあります。

また場内でもはずれの方にある61~64あたり、
一般道が目の前なのであまりおススメしませんが、
道路沿いの桜の木が大きめだったので‥

車道が目の前すぎるが桜も大きい62.64サイト付近。

桜の季節にはお花見キャンプできると思いました。
場内にはここ以外にも桜が植わっていますが、
サイトの真上に大きな桜が来るサイトは限られていたかなと。。

ちなみに、、
場内で一番宿泊費が安いフリーテントサイトは
雰囲気はまあまあでしたが、
オートサイトでない不便さを思うと
(川沿いにサイト近くまで車入れられそうでしたが許可されてないぽい)
そこまでお得感もないように思いました。

雰囲気悪くはないが、あえて選ばないかな‥というテントサイト。

もっとエリアが広ければより雰囲気良いでしょうけども、
全体のスケール感の割に狭いエリアに限定される感。。

まとめ

眺望が良いサイトが複数あり、
温泉があるなど設備も整っていて、
好みや状況に応じて選べるサイトのバリエーションも豊富。

アクセスも良く周囲には観光スポット多数!

子どもが遊べるところもあるし
何より場内広いので連泊してもゆったり過ごせる!

広くて眺望も良いアルプスの丘サイトやグランサイトは
他にはあまり無い特徴的なサイトで魅力的ですが、
駒ヶ根エリアの観光をメインにして
スタンダードな林間オートサイトに泊まるのもアリかなと思います。

大型連休にお友達家族を誘って連泊して
場内でくつろいだり近隣の観光エリア満喫したりするにも良し。

キャンプ初心者の方にも
自信をもっておススメできるキャンプ場です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

静岡市在住、長男(9)次男(6)長女(4)を育てる母です。 お出かけが大好きで週末はどこかしらへ出かけているので 子どもとキャンプ・旅行・公園などのお出かけ記録をメインに、 育児、読書の記録を綴っていこうと思います。 また仕事は建築士をしているので、 職業柄、アウトドアのお出かけにも建築士的視点が混ざっています。