【富士山ビューのキャンプ場】最高の環境‼田貫湖キャンプ場



静岡市から1時間程度で行ける癒しスポット、田貫湖。

我が家では長男がまだ赤ちゃんの頃から度々訪れてきた、
家族皆大好きな場所です。

特に田貫湖一周3.3キロのサイクリングロードが、
子どもの自転車の練習に良く、
付き添う親も気持ち良く(レンタサイクル利用が可能!)、
何度か訪れていました。

※↓過去記事

子どもとサイクリング♪田貫湖は何度行っても良い~

2019.02.20

日帰りでも気軽に散策可能なのはありがたいものの、
その反面キャンプ場としてはオートキャンプでないことがネックで、
キャンプ泊での訪問は無かったのですが、
4月初旬、念願のキャンプ泊をしてきました!(〃´艸`)。o

リアカーでの荷物運び、
当日満サイト(予約一杯)でどれぐらい場所の選択肢があるのか、、
など不安要素がありましたが、結果・・

キャンプ場としても最高でした!!

人気キャンプ場なので色んな所で紹介されてはいますが‥
私なりの視点で改めてまとめてみます。

ざっくり基本情報

  • イン・アウト;8~12時(延長可;~15時)
       ‥早い時間から張れるので、一泊でも満喫できます!!
  • 料金(1泊);大人・小人1名につき1泊200円
           +テント1張1泊2,500円(大型テント3,500円)+タープ1張1泊1,000円
         (延長15時まで;1名につき 大人300円、小人100円)
  • 営業期間  ;通年
  • 予約    ;ネット予約のみ‥以前は予約不可でしたが、現在では予約制です!
  • サイト状況 ;芝生、一部土
  • ゴミ    ;分別して捨てられる
個人的に重要なポイント
①景色の良さ    ★★★★★
②アクティビティ度 ★★★★☆
③施設の使い易さ  ★★★★☆
④アクセス     ★★★★☆

ざっくり解説①景色の良さ

富士山!!だけじゃない!

書籍『本当に気持ちいいキャンプ場100』で表紙を飾ったこともある、
最高のロケーションです。

眺望、周辺環境共に最高です。

富士山&湖ビューでは、
本栖湖の『洪庵キャンプ場』が有名ですが、
ここでは富士山だけでなく、
湖周りを散策することで、
色んな動植物を観察できるし、
変化に富んだ風景を楽しめるのが魅力です^^

水辺の風景も変化に富む田貫湖。

四季を楽しめる

春はソメイヨシノをはじめ、その他色んな種類の桜が楽しめます!

お花見キャンプにも良いBサイト。

新緑もまぶしい。

新緑イキイキ。

夏はアジサイ、秋は紅葉・・(←シーズンに訪問歴無し。植生からの想像です^^;)

田貫湖の湖畔沿いには豊かな植生が見られるので
四季折々、異なった風景が見られるのも魅力です!

ざっくり解説②アクティビティ度

大人も子供も♪レンタサイクル

以前にもご紹介したとおりなのですが、
湖沿いには湖畔を1週できるサイクリングロードが整備され、
レンタサイクルも充実しています。

大人用だけでなく、
子ども用も18インチぐらいからあり、
自転車に乗れない子には、
ママチャリタイプ(後ろに子どもを乗せられる)もあります^^
(子供用ヘルメットも借りられる!ちょっと薄いやつだけどね‥)

キャンパーはもちろん、
日帰りで訪れた人もたくさん利用していますが、
自転車はたくさんストックされ、その中から自由に選べるので嬉しい♪

大人で1周20分程度なので、30分300円。
子どもはゆっくり、休憩しながらかれこれ40分ぐらいかかるので
60分500円借りておくと安心。
(湖畔散策というより子供の自転車練習メインの時は
60分借りて2周したり)

湖畔散策、
ほんとに気持ちが良いです!

キャンプ場対岸側の広場。ピクニックにも良い♪

 

子どもは湖畔をちょっと冒険!

湖畔をぐるり一周できる散策路も良いですが、
子どもは湖畔の獣道(釣り人がよく使う道)を冒険するのも楽しい様子。

湖畔には釣り客が使うらしい獣道。

色んな動植物にも出会えます。

湖畔際に魚がいるポイントも。

管理棟近くの湖畔はこの日、桜やツツジが綺麗でした。

色んな桜が見れる。

ちびっこには遊具も

田貫湖には釣り客がたくさんいますが、
キャンプに来て釣りしてる人はあまり見かけませんね。

ボートのレンタルもあるようなのですが、
利用されてるところはあまり見かけません。
持ち込みカヌーやカヤックは禁止
遊泳も不可。(湖畔に浜もない)

というわけで、湖上でのアクティビティはあまり無いのですが、
前述のとおり湖畔沿いの散策が気持ち良いことと、
ちびっこには遊具もあります♪

大型遊具が一つだけですが、
それだけでもちびっこにはありがたいですね~

でも湖畔周辺を散策するだけで、
子どもは楽しそうです。

ざっくり解説③施設の使い易さ

基本の施設は綺麗で使い易い

オートキャンプ場ではないので
荷物の運搬がネックですが
それを補うほどの環境と、
基本的な施設(シンク+トイレ・シャワー、ゴミ捨て場)はシッカリ作られています。

施設はシッカリ造られている。

お湯こそ出ませんが、
シンクは広く十分な数が確保され、
トイレはウォシュレット付。

いずれもスタッフさんが熱心に清掃されていました。

管理棟の使い勝手が◎

以前は最低限の機能しかなかった管理棟ですが、
昨年から喫茶スペースが新しく出来、
販売品も充実(調味料や菓子・氷&アイス・洗剤・キャンプ雑貨など)していました。

1個30円ぐらいからの駄菓子も数種類売っていて、
たびたびねだられ、買わされました^^;

喫茶スペースは平日は不明ですが、
土日は麺類などの軽食もあるようなので
ランチはここで済ませちゃう‥
なんてこともできそうです^^

そしてここの管理棟、
スタッフに良い人が多い印象。

対応が穏やかで優しく、
子どもにもにこやかに応じてくれました。

レンタサイクルでは
30分でまわれるかな?
と30分と考えていたところ、
「お子さん小さいからゆっくりまわって~」
と10分オマケして40分予定にしてくれました^^

ざっくり解説④アクセス

個人的にはよく行ってる場所なので
そんなにアクセスが悪いイメージはないのですが、

富士や新富士ICから富士宮市街を抜ける道は混み易いので
土日の10時前後は富士方面への観光客渋滞にハマる可能性があります。

田貫湖キャンプ場は朝8時からと
チェックイン可能な時間が早いので
できるだけ早く出て渋滞を避けつつ、
早めのチェックインで滞在時間をたくさん確保しましょう♪

ちなみに‥
今のところ田貫湖の近場には魅力的な日帰り温泉は見つかりません。←個人的には大事。。

ベストサイト探索

田貫湖キャンプ場は全面フリーサイトなので
区画はありませんが、
張る場所によって景観は様々。

オートキャンプ場でないため、
搬出入のことも考えつつ、
理想の場所を探します。

眺望◎駐車場も近いAサイト

最も人気なのはやはり、
田貫湖と富士山がどちらも眺められる、
Aサイトの湖畔エリア。

予約100%の日の湖畔エリア全景。なかなか密!

駐車場近くは傾斜あり

駐車場に近い場所は搬出入には便利だけど
水場までは少し離れます(トイレは駐車場寄りにある)。

駐車場からすぐの湖畔近くは傾斜がきつめ。

眺め的にも、湖と富士山が別方向となり、同時に眺められません。
何より湖が近くなるほど傾斜もきつく、玄人向け?
通路側はなだらかだけど、駐車場からの人の出入りが多くてやや落ち着かない。

1番人気の湖畔エリア中央

一番人気は湖畔際中央のテラス近く。

Aサイトの中央付近は広々していて傾斜も緩めで一番人気。

湖畔際なら他テントがあまり視界に入らず湖畔ビュー。

なかでも他テントに邪魔されず湖畔と富士山を同時に楽しめる
テラス近くの湖畔際はいつでもテントが張られている人気ポイントです。

せっかく眺望の良いポイントを確保できたと思っても、
眺望の良い方角にまだ空間があれば、
そこに他のテントを張られてしまい、
眺望が遮られてしまうことがあるのがフリーサイトの難点。

早めに行って湖畔際を確保できればベストですが、
そこは人気の田貫湖。
平日キャンパーでなければ真冬以外なかなか難しいですね‥
(この日も土曜の朝2番目に並びましたが、
既に前日以前からの先客がけっこういて、良い場所はかなり埋まっていた‥!

Aサイト湖畔エリアの中央は、密‥

人気の中央エリアの真ん中付近となると、けっこうな密状態。
湖が‥他テントで見えにくく‥なります‥

やや穴場?炊事棟付近

今回我が家が張ったAサイトの炊事棟付近は、
このエリアでは駐車場から最も離れているので、
荷物運びはちょっと大変です。

(撤収日は延長したので)空いてきたところで撮影。

しかし‥!
途中から湖側へ傾斜がきつくなるので、
その手前に張れば、自分たちの湖側すぐには他テントを張られる可能性がかなり低い
(万一張られても傾斜してるので湖ビューを阻害されにくい)

設営日~撤収時間前は遠目から見るとかなり密の中にある我が家のテントですが‥

対岸から撮った炊事棟(右奥)とそのすぐ左がうちの。

我が家の湖側に他テントが張られることはなく、
湖ビューが確保できました♪

我が家からの湖ビュー。(わかりにくいけど手前で傾斜が始まっている)

駐車場からはえっちらおっちら、
リアカーを引いて設営、撤収はその逆となりますが、
炊事棟とトイレ・ゴミ捨て場はすぐ近く!です。

田貫湖はHPのライブカメラ映像で
設営前の状況確認ができるのがポイントですが、
Aサイトのライブカメラはこの炊事棟の屋根に付けられているので
この場所にテントを張ると、ライブカメラで一番見える場所でもあります!
(逆に、それが嫌な人は避けましょう^^;)

炊事棟近くだから人の往来も多少ありますが、遊歩道を挟んでいるし
全体がゆったり余裕をもったつくりの炊事棟・トイレ棟なので
特に気になりません。
むしろ利点の方が大かと。

リアカーは一度載せてしまえば、
運ぶ距離が多少増減してもそれほど問題ではないかな?
と思います。

穴場?と書きましたが、
とはいえ人気エリアの一部なので、
湖が近いエリア、駐車場からも近いエリアから埋まりがちな中では
空いている可能性が高そう、
というだけです。遅れを取ると埋まります^^;

Aサイトの湖畔エリアを見下ろす丘の上

限定1張ですが、
Aサイトの湖畔エリアを見下ろす丘の上も人気です。

Aサイトの炊事棟から奥は短い坂になっていて、この左側。

ここだけ小さな丘になっているため、
他のテントに邪魔されず富士山と田貫湖を見渡せます。

丘になってるので眺め良し。下々を見下ろす感‥笑。

近くに他テントを張られる可能性も低く、
プライベート感・支配者感(?w)が大。

当然争奪は激しい‥
我が家は早めに行きましたが、
逆に前日からのテントの撤収前だったので、
うちより後に来た家族がここをゲットしてました。

チェックイン可能時間が撤収時間より早いフリーサイトだと、
早く行ったからと言ってより良い場所が空いているとは限らない
ということが言えますね
とはいえ、やっぱり早い方が安心なので仕方ないですが。
タイミングですね(・▽・)

Aサイト最奥の湖畔

AサイトからBサイトへの接続ルートでは
キャンプエリアが遊歩道沿いに細くなるのですが、
その途中に湖が見えるスポットが現れます。

AサイトとBサイトの境にある湖畔。富士山&田貫湖どちらもちゃんと見える。

遊歩道を挟んで向かいに小さな炊事場があるので便利ですが、
駐車場はメインの方からも、Bサイトの方からも離れ、
トイレはどこからも一番遠くなります。
(とはいえ一般的なキャンプ場レベル)

遊歩道からは近いとはいえ、
他エリアとは独立した雰囲気だし、
湖畔側にだけオープンにすれば
湖畔&富士山ビューを独占してる感が味わえそうです。

囲われ感&ひっそり感!お花見キャンプにも・Bサイト

リアカーが置いてあるメインの駐車場からだいぶ離れるため、
荷物の運搬の方法を考える必要があるBサイト。

Bサイト最奥広場エリアから富士山方向。左に林ごしの田貫湖。

最寄の駐車場の台数が少なめで、
出入口も狭く、
搬出入専用スペースもない‥

Bサイト最寄りの駐車場は一般道沿いに並列。出入り口狭し。

リアカーもここにはないので
アウトドアワゴンがあり、
かつ全体の荷物が少なめでないと
なかなか難儀そうです。

せっせとメイン駐車場からリアカーで荷物を運んでいる人もいましたが、
ここまで来るとさすがにかなりの距離で起伏もあり‥。

うちはもう荷物多すぎてアウトドアワゴンを積載できないし、
アウトドアワゴンがあったとしても荷物載りきらなくて何往復かしなきゃならなそうだし‥

リアカー&搬出入専用スペースあれば、
Bサイトでもキャンプしたいのにな~
と悩ましいです。

そんなこんなでAサイトほど人気ではないけど、
Bサイトも魅力的なポイントがたくさんあります!

ゆったり丘の上

Aサイトで取り上げた丘は小さいですが、
Bサイトで丘になってる場所はもう少し広いので
ふつうサイズなら3張ぐらいいけそう。

Bサイト中央の小さな丘。

凹部になった広場が眼下にあり、
解放感もあります。

丘からの富士山。設営中すいませんね‥

ひっそり・林ごしの田貫湖ビューエリア

林間‥というほど木々の中には入って行けないものの、
木陰に張れそうな湖畔際。

Bエリアの湖畔付近も人気。

このあたりからだと富士山は見えませんが、
木々ごしに田貫湖が見えるのも
Aエリアとは違った雰囲気で良きです。

木々ごしの湖ビュー。

お花見エリア

桜の季節限定ですが、
Bエリア最奥の湖畔側はお花見キャンプに良い感じ。

湖畔近くから少し下がったエリアなので、
湖も一応見える。

お花見エリア。

桜の背が低めなので、
小さめテントでないと桜の下には張りにくそうですが。

張り数100%でも全体的には余裕あり

今回気になっていたのは、
張り数100%(予約が一杯。つまり既定の張り数マックス)での密度。

予約不可能・先着順だった頃、
3連休やGWなどのハイシーズンにはキャンパーが多すぎて
入場制限になったと聞いたことがありますが、
予約が必須となり、
ある程度ゆとりを持った数に制限されていると想像しましたが、
実際どうなのだろうと。

今回は直前まで予約が「満」状態だというのを確認していたので、
当日キャンセルなどがあったとしても
ほぼ規定の数に近いと思われ、
その密度が確かめられたわけです。

人気のAサイトの湖畔エリアは確かに密度が高めでしたが、
以前のGWのような、明らかにギュウギュウというほどではなく、
少し端の方や、傾斜がついているところはあいていたし、
Bサイトの方にはかなりの余裕があったので、
予約がいっぱいの状態でも、かなりゆとりがあると言えそうです。

まとめ

オートキャンプ場ではないため
荷物の運搬がネックとはなりますが、
複数台完備された大型のリアカーを借りられるし、
(お客が多いと順番待ちになりますが、
ずっと借りっぱなしというマナーの悪い人は殆どいないので大丈夫^^;)

設営撤収の時だけ頑張れば、
なかなか他には無い景色や、
湖畔ぐるり一周の変化ある景色を堪能できる
素晴らしいキャンプ場です!!

設備もシッカリで女性や子供も安心♪

フリーサイト&人気キャンプ場なので、
予約をしていても
理想の場所を確実に確保できるとは限りませんが、
魅力的なポイントが複数あるので
是非お気に入りの場所を探してみて下さい^^

※コロナ休業で2020年5月中は予約も停止

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

kkshaha

静岡市在住、長男(7)次男(5)長女(3)を育てる母です。 お出かけが大好きで週末はどこかしらへ出かけているので 子どもとキャンプ・旅行・公園などのお出かけ記録をメインに、 育児、読書の記録を綴っていこうと思います。 また仕事は建築士をしているので、 職業柄、アウトドアのお出かけにも建築士的視点が混ざっています。