【御殿場】「新しい形の公園」!丸一日楽しめる『富士山樹空の森』



今年の長いGWの終盤、
実家茨城からの帰りに御殿場の『富士山樹空の森』に立ち寄りました。

『富士山樹空の森』ざっくり基本情報

  • 御殿場市、富士山どーん!の立地
    ※御殿場インターから20分
  • 2016年に開園したばかり!で園内どこも綺麗
  • ビジターセンターは富士山シアター・食事処・ショップ・マンガルーム・展望台と充実施設
  • 大きな日帰り温泉施設『御胎内温泉』が隣接
  • 小学生以上~大人はパークゴルフ、ちびっこは遊具や池、と全世代遊べる
  • 広場では大きなイベントも開催される
  • 徒歩で数分、車で数分の距離にキャンプ場もある

…以上をまとめますと、

景観の良い場所で
ちびっこからおじいちゃんおばあちゃんまでファミリーで
手ぶら&無料で丸1日
(キャンプすれば丸2日?!)
楽しめちゃう場所

と言えると思います!
(※入園は無料だけど、当然ながらゴルフや温泉は有料)

何が新しいの?

公式HPには「新しい形の公園」とうたわれています。

何が新しいのか?

新しさについての具体的な説明はないけど、
個人的には以下のように解釈しました。

入園料がかかるような「〇〇パーク」や遊園地も、
ファミリーで一日楽しめるようになってはいますが、
(入園料分元を取ろうとする意識も働き、)
園内をなるべく網羅しようと移動して疲弊する・・
という側面があると思います。

ここはあくまで入園無料の開かれた公園。

ビジターセンターでの食事や買い物、イベント目当てに来てもいいし、
子どもを水遊びさせるために来て、帰りに温泉に入って帰ってもいいし、
雨の日、マンガ読むためだけに来てもいい。
(そんな目的で来るのは地元民だけかもですがw)

それぞれメインの目的を持って来ると思いますが、

気合入れて色々準備しなくても、
お金もそれほどかけなくても、
丸一日過ごせる充実した環境がある、
という、ゆるいテーマパーク
(富士山ビューのこの環境を楽しむ、というテーマの)
と捉えられます。

ゆるい=フレキシビリティ(柔軟性)がある、
とも言えますね。

食事は売り切れ注意!ビジターセンター

ここからは今回実際にまわった場所をレポしていきます。
まずは、中央の最も大きな施設、ビジターセンター。

ショップ&マンガルーム

ビジターセンターに隣接する駐車場から入ってすぐのところには
ご当地土産を中心としたショップ。

吹抜けのショップ。

富士山関連のものがメインですが、
御殿場といえば自衛隊基地!?
ということでミリタリーアイテムなんかもありました。

その隣は園内マップによると「多目的室」とありますが、
実際には‥

ショップ横にはマンガルームが。なぜ?

かなりの蔵書のマンガルームでした。

テラス席が気持ちいい!けど売切れ多い‥レストラン

茨城を11時頃出たので、
こちらについた時は14時すぎだったでしょうか。

ネットの口コミにも出ていたとおり、
ランチ時を過ぎたこのタイミングでは、
メインメニューらしきご飯もの(唐揚げ定食やカツ丼など)は全て売切れていましたΣ(・口・)

仕方ないので我が家が注文したのは

みくりやそば、美味しい。

ご当地みくりやそば、カレーうどん、枝豆、ごぼう唐揚げ。

…うちの子どもは麺類、特にお蕎麦が好きなので、
子どもが食べるメニューはご飯ものがあろうがなかろうが同じだったかも(^▽^;)

このレストラン、店内の雰囲気は‥
狭いけどフードコートのようで、イマイチ。
だけどこの季節はテラス席が気持ち良かったです!

開放感あるテラス席。

ビジターセンターのレストラン・テラス席遠景。

富士山は林に隠れて見えませんが、
富士山方向と反対側に箱根の山々が眺められます☆

家族仲良くランチタイム~

まだ半袖だと肌寒いとのことで
(ちょうどいい上着がなかった夫)
日なたのテーブルを選びました。

ビジターセンター前の広場や林

ビジターセンターから富士山を見る方向には、
開けた散策路や広場があります。

広場からビジターセンターを見る。

花畑があったり、小さなイベント(この日は小動物とのふれあい体験・有料)があったり。

イベント時には中に入れることもあるらしい。

自衛隊から譲り受けたのか?ヘリコプターが常設されていたり。

大きなイベントもできる広場。

さらに上がった場所は大きなイベント開催にも対応できる大きな広場。
端の方に木陰も少しありますが、
デイテントを持ってきて一定時間ここで過ごすファミリーもいるようでした。

林を抜けると‥温泉だ!

林の中を通る道も。
今回はこの道を左折して遊具の方へ行きましたが、
この道の先に御胎内温泉があります。

この日は移動が長く、長いGW、キャンプ等の荷おろしも待っていたので
早めに家に帰ろうと寄りませんでしたが、
山間部にある日帰り温泉としては規模が大きく、かつ露天風呂も広くて庭も綺麗&富士山ドーン!ビュー、
と凄く良い温泉です。
丸一日コースだったら、シメをここにすれば、かなり癒されますね~
(でもお風呂が気持ちいいほど、帰り道眠いんですよねw)

ちびっこ喜ぶ!遊具エリア

今回のメインはここ。
というかちびっこ連れの多くはここがメインとなるでしょう。

公園の地形を活かした遊具。

自然の地形を活かした、丘を上下するアスレチックあり、
ローラースライダーあり、

トランポリンのような遊具。

トランポリンのような遊具あり。

ちびっこ(2歳ぐらい以下)用の遊具

ちびっこはトランポリン好きですよね~
足腰も鍛えられて、良い遊具です。

でも2歳娘にはちょっと早いようで動かない・・邪魔になるな・・と思ったら

6歳以下はこっちでした。

6歳以下用は別にちゃんと用意されていました。
小学生ぐらいの子が勢いよく跳ねてると、
ちびっこがごろごろしてたら危ないですもんね。
ちゃんと配慮されています。

ちびっこも楽しめるよ!

丘を上下するアスレチックは2歳以下には難しいので、ちびっこ用の遊具もちゃんとあります。

親に嬉しい日陰ゾーン

そしてこの場所で好感度高かったのが、日陰。

ちびっこエリアから全景。日よけベンチが見える。

木陰は時間によってはあまり落ちないと思いますが、
ちゃんと日よけ付きのベンチや東屋があります。

この時間(15時すぎ)は遊具エリア横の高い木々により、
丘の下は全体的に木陰になっていました。

3~4歳以上なら!「冒険の丘」

この時、もうすぐ4歳となる次男で、
できたりできなかったりしたのが丘を登るアスレチック。

3歳には難易度高めの遊具。

出だし、難易度高し。

比較的簡単なやつ。

比較的簡単なのと難しいのがランダムにやってくるけど、
隣には普通の階段もあるし、途中で飛ばすこともできます。

「冒険の丘」最上段の遊具。小学生未満には難易度高め。

パッと見簡単そうで、やってみると難しい、というものも。

ローラースライダーを楽しむ父娘。

2歳娘は、ローラースライダーにハマってパパと繰り返しのっていました。

冒険の丘から道路際の駐車場方向を見る。

「冒険の丘」の隣にはピクニックに良さそうな広場もあります。
この季節は良いけど、夏はもうちょっと木陰欲しいかな?

夏に嬉しい、水遊び場も!

この日はまだ暑い、というほどではなく、
我が家はスルーしましたが
ビジターセンターと遊具エリアの中間のあたりに
水遊び用の池がありました。

水遊び用の池。

いわゆる「じゃぶじゃぶ池」ですね。
ちびっこも比較的安全に水遊びさせられるのが利点ですね。

明らかに水遊び用に整備されているので、
おそらく水質もある程度保たれていると思われ、
その点でも安心です。

深さも、あまり深いと危険度が増す上、
子どもが泳いだりして衛生面が心配になるので
個人的にはこれぐらいがちょうどいいかな~と思います。
(やや潔癖な親‥w 水遊びはできれば綺麗な川でさせたい派ですw)

まとめ

まとめ?パークゴルフは?

‥この園内のパークゴルフ、結構なスケールで楽しそうなのですが、
小学生未満は入場さえ不可とのこと。

家族皆でやってみたいなー
なんて思ってたのに∑(・o・;) 

‥まあ確かに、去年まだ2歳だった次男、(他の場所で)全然できなかったもんな‥
ウロチョロするだけ邪魔になっちゃうんでしょうね‥(・・;)

ということで、パークゴルフエリアのレポができるのは
まだ先になりそうです。

まとめと言っても冒頭でまとめちゃってるので
改めて言うこともないのですが、

『富士山樹空の森』は
ファミリーで手ぶら・低予算でも丸1日遊べちゃう嬉しい場所
でした。

道を挟んですぐ隣にはキャンプ場もあるし、
我が家も行った人気キャンプ場『やまぼうしオートキャンプ場』↓も近く、

【富士山ビューのキャンプ場】綺麗な芝生で人気の『やまぼうしオートキャンプ場』

2018.11.26
キャンプ中やキャンプ前後に立ち寄るにも良いです♪

キャンプ‥しばらく行けなさそうなんだよね‥
ああ、キャンプロスな日々がはじまる‥。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

kkshaha

静岡市在住、長男(7)次男(5)長女(3)を育てる母です。 お出かけが大好きで週末はどこかしらへ出かけているので 子どもとキャンプ・旅行・公園などのお出かけ記録をメインに、 育児、読書の記録を綴っていこうと思います。 また仕事は建築士をしているので、 職業柄、アウトドアのお出かけにも建築士的視点が混ざっています。