【名古屋グルメ】『うなぎのしろむら』でうなぎ尽くし!



先日、弾丸名古屋旅行!
で青年会議所の行事で名古屋へ行くことも多い夫おススメの
美味しいうなぎ屋さんへ行きました。

お店の名前は『うなぎのしろむら』。
名古屋市東区泉1丁目にあります。

前面道路工事中でしたw

マンションの1階部分に入っています。
でも一部木造ぽい平屋でふしぎな外観・・w

「伊勢神宮外宮奉納うなぎ」という肩書きが気になります。
奉納するだけならしたい人ができるものでもないのかな?
なんて失礼な疑問がありましたが、
ちゃんと認定を受けているそうです!
どんな基準なんだろう・・

当日でしたが一応事前に予約を入れました。
案内されたのはテーブル席。

入口に近いエリア、テーブル席。母と対面席で不満顔の娘。。

美味しいうなぎ屋=高級?子どもは大丈夫・・??
とやや不安でしたが(予約時に確認はしている)、ちゃんと子供用の椅子もありました!
椅子が用意されているだけで、
子ども歓迎されてる感があってちびっこ連れにはありがたいですね。
(こういったお店では無い場合もあり、ちょっと肩身狭くなる)

上の写真では1歳娘、お借りした子供用椅子に座っています。
しかし、やはりというか‥
直後に「まま~(´Д`)ノ(ママの傍がいい!!)」とぐずり、
母側に来ましたけどね‥。

テーブル席の壁側。娘移動後。

元から隣だった次男も妹との席交換を拒否し、結果娘は母の膝に‥
飲食店にてお借りする子ども椅子、かなりの確率で途中から誰も座ってない状態になります‥
母もゆっくり食べたいんだけどな。膝の上だと食べさせにくいし。

さて肝心のお料理、まずは「うまき」1,850円 です!

うまき。つまりうなぎ入り卵焼き。

濃いめの味付けのうなぎにトロッとした卵が絡んで、美味しいです。

次に「肝焼き」が来ましたが、子どもに対応していて撮り忘れました・・
完全に大人のおつまみ的なポジションの予定でしたが、
6歳長男と、肉食系女子の1歳娘がハマり、追加も頼むことに。

夫は「活うなぎ丼 上」4,300円 を長男と分けっこ。

活うなぎ丼 上

 

私は「活うなぎひつまぶし 並」2,980円 を次男と娘と分けっこ。

「ひつまぶし 並」と海苔を容赦なく奪っていく娘の手。

ひつまぶしだけでなく、丼の方にも生卵ととろろが付いてくるというのが新鮮でした!
ネギと刻み海苔、わさびも‥
お蕎麦のトッピングみたい。
色んな組み合わせが楽しめて良いです。

肝心のうなぎのお味は・・
香ばしくてふわふわで、美味しいんだろうな、と予想した以上に美味しかったです。
名古屋という場所柄を抜きにしても元々ひつまぶしが好きな私ですが
「出し汁かけるのもったいない‥!」=“うなぎの味を薄めるのもったいない”
と思ってしまったほどです。
以前名古屋に来た際に食べた、ひつまぶしで有名な別のお店のうなぎでは
そんなこと思わなかったのに。
結局最後の最後、残りがかなり減ってからお茶漬けにしました。

次の機会があったら、私もひつまぶしでなく夫が注文した「活うなぎ丼」にしよ。
子どももモリモリ食べていました。
正直者どもめ・・
家ではノロノロすぎて、完食させるのがいつも大変なのに。

***

ところでこのお店、HPで見ると奥の個室(座敷席)が凄く良い感じです。
夫も奥の個室を使うことが多く、テーブル席は初のようです。

落ち着いた和の雰囲気の個室に対し、
テーブル席はいたって普通。。
しかもこの季節、玄関に近いテーブル席には
お客さんの出入りの度に外気がヒューっと通り抜けて足元が冷えます。

庶民には安くない食事というのもあり、個室と比べると環境が違い過ぎて、
どうしても不平等に思えてしまいます。
同じくテーブル席の別のご家族も、上着を着たままで食事し、
時々個室の方を羨ましそうにじっ・・と見ていました。

そうは言ってもお店の事情もわかるので、当たり前のことだけど、早めに予約が肝要ですね!

***

はじめは「子ども大丈夫かな?!」と心配でしたが、
常ににこやかに対応いただき、
最後には『うなぎラスク』というお菓子を子どもの人数分お土産に頂き、
子どもも嬉しそうで良かったです。

何よりうなぎが美味しい。
静岡にも美味しいお店はありますが、
これまでに食べた中では1、2番目に美味しいと思いました!
名古屋のお出かけご飯に『うなぎのしろむら』、おススメです♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

kkshaha

静岡市在住、長男(6)次男(3)長女(2)を育てる母です。 お出かけが大好きで週末はどこかしらへ出かけているので 子どもとキャンプ・旅行・公園などのお出かけ記録をメインに、 育児、読書の記録を綴っていこうと思います。 また仕事は建築士をしているので、 職業柄、アウトドアのお出かけにも建築士的視点が混ざっています。